2月17日 バリ舞踏レッスンお披露目

O_6

はちゃめちゃバリ舞踏もいよいよお披露目段階です。

2時間程の練習の末に、完成には程遠いですが
通しで何とか踊れるようになったので、バリの正式な
衣装を身に着けてお披露目することになりました。
まずはお化粧。大きく縁取られる目が特徴です。
シャドウの色味もほとんど原色ばかり。
黄色をベースに、赤・緑・黒とはっきりと色を乗せていきます。
アイラインもばっちり。
普段の私の2倍くらい大きな目の出来上がりです。
仕上げに眉と眉の間に赤くぽっちを書いてもらい顔の完成。

お化粧と平行して髪も結い上げてもらいます。
高い位置でポニーテールをし、
そこに付け髪を巻きつけ長くたらします。
私が物心ついた頃からずっとショートの母が、
腰まで髪をたらしている貴重な姿を
見ることが出来て、感慨深いものがありました。
髪を撒きつけたところに、
金のかんざしを扇状に指し、頭も完成です。
かなり重いし、かんざしが一つ一つランダムに揺れるので
バランスがとりにくい。
こんなんで踊ることできるのかしら。

そこまで終えると、いよいよ着付けです。
コルセットを締め付けた上に、帯のようなものを
くるくる巻きつけ、肩越しに背中にたらします。
布をスカート代わりに巻きつけ、
仕上げに太い腹巻のようなものを巻いて
腰周りを落ち着かせて完成です。暑いし苦しい~。
でも着付け方は日本の着物と似たような感じなので
親近感があります。
万国共通で衣服って布を巻きつけるところから始まったのね~、
と実感しました。

すっかり外見だけはばっちり整いいよいよ本番なのですが、
その舞台に行くのにも足裁きはうまくいかず、
頭のバランスがふらふらして大変。
案の定、本番では衣装に気と手をとられ、
先ほど出来た動きも出来なくなり散々な結果に。
でも大満足な半日でした。

画像はお化粧部屋。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です