生まれて初めての注射。はんこ注射BCG

 

今日はBCGを打ちに保健所へ。
まっさらな腕も今朝でお別れ。
ビョルンのキャリアに入っていざ出発。
今日は夫が偶然休みを取っており、付き添ってくれました。
ベビーカー禁止だったので助かった~。

集合30分前には着いていたのに38番になってしまいました。

うちの区、出生率が全国5位。
1週間で80名ほどの赤ちゃんが毎週産まれているそうです。
それだけ何事にも時間がかかります。
少子化って何のこと??そこらじゅうベビーカーだらけです。
おかげで小学校はプレハブ校舎になりそうな話。
会場に入って番号札が書かれた椅子に座って待機。
係の人によるガイダンス。

こういう時、娘は自分に話しかけてくれてると勘違いして
説明にいちいち応えるのです。
「順番が来たらお呼びします」
「あー」←娘
「乾くまでこの部屋で待機してください」
「うー」←娘
と言った感じに。ちょっとうるさくて恥ずかしい

ですが、この日は何か不穏な雰囲気を感じたのか
一言も発せず、大人しい娘。

注射の前には簡単な検診があり、口を無理やり開けられたりするので
そこで泣くかなと思ったらもちこたえ、腕の消毒へ。

そしていよいよ注射。
とろっとした液体を腕に落とし、
はんこ注射の本体で腕になすりつけながら広げ
そしておもむろにぐいぐい注射を押し付ける。
かなりの力です。
案の定泣き出す娘。

注射で泣いたというよりは、先生に腕を強く捕まれて
身動きできないのが嫌で泣いているようでした。

終わった後は乾いたことを係りの人がチェックしに来ます。
15分くらい待ったのかな。
他の子はたいてい泣き止んでるのに、まだ大泣き。

途中からは眠いorオムツで泣いてるのかなと思ったけれど、
部屋を一歩出たとたん笑顔。
もうその部屋自体が嫌になってたみたいですね。。。

その後は終始ご機嫌。

おしまい

投稿者: manatabi